FXのお金の流れを見てみたい!!

FXのお金の流れを見てみたい!!

もし「日本人の男性の約70%は仮性包茎です。」という文章があるとします。

 

こういう言葉だけを書くと、日本人の男性の多くは包茎なんだと

思います。それだけの人が包茎治療包茎手術を受けた方がいいんだ、とも

思うかもしれません。

 

が、

 

仮性包茎は、医学的には包茎ではないのです。

皮を向くのに痛みを伴ったりする、真性包茎やカントン包茎が包茎で、

仮性包茎は包茎ではないのです。

 

ならなぜ、仮性包茎というのか?

 

それは最初にこの文字を決めた人が馬鹿なのか、それをも包茎治療業界から

お金でももらっていたのか?

そんなことはわかりませんが、結論として包茎治療包茎手術を受ける必要が

ある人はそんなに多くないのです。

 

そもそも包茎である人が少ないのですから、当然です。

 

まあ、仮性包茎で皮が少し余分にあることで、早漏気味になるなどの

欠点はあるかもしれません。

それが原因で、日常生活や性生活で悩んでいるのであれば、その時初めて

包茎治療や包茎手術を受けることを考えるくらいでいいのでしょう。

このテクニカル分析は、トレンドに乗ることを重要としています。

 

トレンドとは、今売り時なのか買い時なのか、相場の流れのことを指していて、基本的に上昇トレンドが買いのサイン、下降トレンドが売りのサインということになっています。

 

そのトレンドを知るためにチャートのローソク足を参考に分析を行っていきます。

 

ローソク足を参考にすることで、現在が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを一目で見ることができます。

 

その見方は、本体の色とヒゲの長さです。

 

企業によってはその色や形も多少異なりますが、ここでは上昇トレンドを表すローソク足の本体をを「赤」下降トレンドを表すローソク足の本体をを「青」とします。

 

まず、この色を見ただけで現在が上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかが一目瞭然になります。

 

ただ、次に注目するのがローソク足のヒゲの部分です。

 

本来上昇トレンドの赤であっても、上にヒゲが長く伸びている場合は、陽線の局面であっても下降トレンドに反転する可能性があることになります。

 

本来下降トレンドを表す青色であっても、ヒゲが上に長い場合は上昇トレンドに剥く可能性が十分に高いということです。

チャートの動きをより分析しやすくするためのものに『ローソク足』というものがあります。

 

これは、テクニカル分析に多用されるのですが、1日の値動きを一目で分かるように変換した表示が、ローソクの形に似ていることからそう呼ばれます。

 

この『ローソク足』は1日の流れを知るだけでなく、もっと大まかな情報や、詳細情報まで一目で確認できるものでもあるのです。

 

例えば、「5分足」と呼ばれるローソク足では、1本のローソクが5分間の値動きを表しているものです。

 

ローソクの色と長さで、チャート変動の流れと、その変動の大きさを一目で見ることができます。

 

次に、「日足」ですが、これは5分足よりも大まかに流れを読み取れる、1日の値動きが見れるようになっているローソク足です。

 

1日ごとの値動きを全体として見ることで、今現在がどのように方向に動いているのかを予想することができます。

 

さらに大きな期間を母体として現在の様子を知りたければ「週足」です。

 

一週間ごとの値動きを見ることができますから、大きな値動きがある周期を割り出すことで利用したり、大規模なレート変動を予想するときに利用するといいでしょう。

 

余談ですが、今や世界中で利用押されているこのローソク足は日本人が発明したテクニカル分析の方法のひとつです。

 

これらローソク足を利用することで、いろいろな時間軸を一目で見ることが可能ですから、利用しない手はありません。

信頼のおけるFX会社は利用者の大切な資産を守るために、利用者が預けている資金は、一般の債権・債務とは別に切り離して信託先の銀行に保管することを会社方針で義務づけています。

 

そうすることで、万が一会社が破綻したとしても、預けている資産が守られるシステムをとっているのです。

 

このシステムのことを『信託保全』といい、資産を預かった会社側は、利用者の資産を取引業者の経営に流用することが出来なくなるため、FX利用者の資産を保護することになりますし、しかも取引業者の経営の透明化を図ることが可能になります。

 

この信託保全で、利用者の資産とは会社の資産を別に区分しているかということは非常に重要なことです。

 

安心して利用するためのシステムだから、FXのような取引を行っている会社ではどこでも行っていそうなものですが、信託保全には思いのほかコストがかかるため、全ての会社が採用しているわけではありません。

 

万が一の備えの意味でも、取引会社を検討する際には、「信託保全」を採用しているか、というのは大きなポイントになるかと思います。

普段日常の買い物をするときでも、品物を買うときはお金を支払います。

 

為替取引でも同じで、取引業者に証拠金を支払い商品である外貨を購入します。

 

ただ、FXの場合は実際に資金の移動は行われずに、ポジションを清算する時点で生じる、売買損益金額分のみを差額で決済します。

 

するとここで問題が生じます。

 

もし取引の際に損害生じて、お金の払えない投資家が出たりすると、信用のもとに行われる取引が成り立たなくなってしまいます。

 

そこで、そのような問題が現れないように、お金を「証拠金という」形で担保として利用者からFX業社が預かります。

 

お金を担保にお金の売買を行う...。少しおかしな感覚ですが、実際に業者に預ける担保のお金は取引額の何十分の1です。

 

この証拠金を会社に預けた時点で、預けた証拠金に対して何十倍の取引ができるようになります。

 

この何十倍もの取引をできることをレバレッジといいます。

為替に関する言葉で「外為」「Forex」「FX」と様々な単語がでてきますが、実はこれらの言葉は全て『外国為替』を表しているものです。

 

「為替という言葉は、昔は「かはし」と呼ばれており、「交わる=交換」の意味がこめられていたものでした。

 

さらに詳しく述べると、「物々交換」、「金銭交換」ではなく「現金輸送をともわない遠隔地間の資金決済、資金移動手段」として発達したそうです。

 

現代でいうと「銀行振り込み」や「銀行振り替え」がそれに該当します。

 

両替商の代わりが銀行になったと考えると良いでしょう。

 

為替のシステムは日本だけではなく海外でも同じように発達し今も機能しています。

はじめに

投資といってもいくつかの種類と方法が存在します。

 

投資を始めるには、基本さえ身につければ難しいものではなく、現代では“投資”は普通に生活していくためにも必要なものにもなってきていて、投資を自分や家族の家計計画に組み入れるのは特別なことではなくなってきています。

 

どの種類の投資も資金を投資先に預け、将来のある時点で投資した資金よりも多くの金額が投資家に戻ってくることを期待するものですが、種類によってそのシステムは大きく違います。

 

しかし、リスクとリターンが裏返。きちんとした知識を身につけなければ、“投資”と思っていても単なる“浪費”になっていることもあるかも知れません。

 

自分の気になる投資方法があれば挑戦してみると、きっと将来自分に良い形のリターンとして戻ってくるでしょう。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ